「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

笑い声

じぃじが介護付有料老人ホームに入所してから2週間がたちました
ケアマネージャーや兄から近況は聞いていたのですが
今日も夕方 兄に電話をすると丁度じぃじの所に来ているとのこと
電話の向こうから賑やかな雰囲気とじぃじの楽しそうな話し声と笑い声が聞こえた

e0071819_20371513.jpg

兄の声も明るく「部屋からいつも出てきてみんなと賑やかに話してるわ 体の調子もいいみたいや、時々ボケた事は言っとるけど」と笑った
電話をじぃじに代わってもらおうかと思ったけど楽しそうに話していたので辞めました
兄にお礼を言って電話切った後 胸のつかえがスッと楽になり・・・・泣けました

規則正しい生活で少し体重も減り夜もぐっすり眠り
ディサービスでも居眠りもせずにお話しているようです
エレベーターで1階に降りればディサービスですしみんな顔見知りです

好きなようにさせていたし無理強いもできなかったので夜中でも食べていたし起きていたし不規則な生活をしていたのですが
規則正しい生活はじぃじにとって大事なことだったのですね
前はディサービスではずっと寝ていたのに・・・・起きているなんて
大食だったのですが入所してからは決まった時間に適量食べているので最初はお腹がすいたようですが体にはすごく良かったようです

e0071819_20373690.jpg

良かったぁ これで良かったんだと思えて少し楽になりました
相変わらず忙しい日々を送っている中でじぃじが居ないことがどんなに楽かを感じ
イライラと怒らなくてよくなってどんなに心穏やかか
訳のわからない不思議な事を言われたり、されたりしてイライラしなくてもよくなって
家の周りを掃きながらこんな気持ちにすらなれなかったとホッとした
そしてそんな自分に罪悪感を感じていた2週間でした

じぃじの気持ちはわかりませんが
じぃじも心穏やかに過ごしていると思うのです

おいしい食事をして大きなお風呂に入って昔話をいっぱいして
ディサービスへ行って笑って幸せに過ごしてほしいです
私といてもそんな事してあげれませんから

私もこれで良かったのだと思い、しっかり暮らしていけます

e0071819_2038021.jpg

[PR]

by MasakondaMam | 2012-04-19 20:21 | 雑記 | Comments(8)

新しい生活

4月5日はじぃじの95歳の誕生日でした
この日じぃじと私と兄は金沢の介護付き有料老人ホームへ向かいました

あいにくの雨の高速は4時間かかりました
途中2度ほど道の端で屎瓶で採尿しながらという大変な道中でしたが
到着したときは爽やかに晴れていてガラス張りのホームは明るくて暖かでした

e0071819_2111645.jpg


じぃじはブツブツと文句を言っていましたが自分の部屋に身の回りのものが入って
居心地の良い部屋が出来上がったころには昼食を食べ、おやつを頂いて少し落ち着いていました

こじんまりとしたホームは日本海の松林が窓から見える日当たりの良い新築の建物で
2階3階が25人づつの入居で1階がディサービスです
部屋からでると誰かが居て大きなテレビの前のソファーでは居眠りしている老人やら
職員の人と話している車椅子の老人やらと安心する雰囲気です

e0071819_2111214.jpg


じぃじと誕生日のケーキを食べながら色々話しました
帰る頃には、じぃじは「ここでやってみるわ」と言ってくれて私も「頑張るわ」と言って
帰途につきました

なかなか入居できるホームが見つからなくて諦めてかけていたとき
3月の中頃 兄が家の近所に建設中のこのホームを見つけました
何軒も特老やグループホームなどを運営している会社で
新しい建物はとても使いやすく明るくて私が入居したいくらいでした

バタバタと準備が始まりました
じぃじにはぎりぎりまでディサービスに行ってもらいました
下着は全部あたらしいものを買い 老人用の靴下 靴 内履き など生活に必要なこまごましたものを買い全部に名前を書きました
洋服や背広などには織りネームを作って縫いつけました
店の2階で毎日少しずつ準備しながら「これが私がしてあげれる最後の事かな」などと感傷的になったりしました

失禁が多くなって服をそっくり着替える日々が続いていたので屎瓶で採尿する練習をさせてみました
なかなか 練習してくれなくて服の着替えをどれだけ持って行こうか悩んでいたのですが
上手に採尿できるようになってじぃじも気持ちが楽になったようです

最後にホームの方にお願いしたい事柄をパソコンで打ち込み
ご近所やディサービスへの御礼 ホームへの手土産の用意ができたのが2日前でした

e0071819_21194174.jpg


当日の朝はご近所の方が見送って下さり10年以上住んだ滋賀の家をあとにしました

e0071819_21114677.jpg


帰りの高速は真っ暗で雨も降り出し走っても走っても家に着かず疲れました
家に着きじぃじの部屋の戸を開けるとシーンとして脱ぎちらかした朝のまま
尿の臭いがぷーんとしていました
すごい寂しさに襲われてお風呂の中で泣きました
なんて勝手なんでしょうか 

ですが2日3日とたち兄からじぃじの落ち着いた近況を聞くたびに良かったと安堵し
ケアマネージャーから笑顔で「よろしくお願いします」とじぃじから挨拶されたというメールが届き私たちもしっかり暮らさねばと気持ちを新たにしています

e0071819_2112164.jpg


まずは やっぱり片付けから・・・・・(*´∀`*)
[PR]

by MasakondaMam | 2012-04-09 19:58 | 雑記 | Comments(8)