<   2010年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

気をつけなくては・・・・・

13日の朝7時頃 じぃじがまたナンダカンダと言い出した
足がまたパンパンに浮腫んできたという話ですが
入院中すっかり浮腫みがなくなり、あんなに喜んでいたのに
退院してから病院の薬を全然飲まずに薬局で買った整腸剤のみ飲んでいたらしい

 じぃじは昔からそういう人でお医者さんにむかって
「こうこうやからこの病気やと思う」などと言ってよく先生に「あんたは医者か?」
と言われてお医者さんに嫌がられる人です
勝手になんでもして失敗するけど懲りないし・・・・
言っても聞かないし・・・好きにしたら・・・となってしまう

そんないつもの言い合いをしていたので
居間と廊下の戸が開けっ放しになっているのに気がつきませんでした
(いつもちゃんと閉めるようにいっているのですが・・・いつもじぃじは忘れる)
気が付いて小枝としーちゃんを探したら
じぃじの部屋の戸も開けてあって・・・・じぃじの部屋に2匹が
床に散らばってる薬と大量に薬が入った破れたスーパーの袋が・・・・・ゲッ
あわてて2匹を居間に連れて帰ってからがおおわらわでした

じぃじに何の薬か聞くと飲まずにおいてあった薬を捨てようと袋に入れて床に置いてあったとの事
ご丁寧にシートはプラごみやから中身の薬だけ出して
・・・・処方箋も細かく破って(なんで?)捨てたと言うのでネットで7種類ほどの薬を検索した

いったい食べたのか?食べなかったのか?どれを食べたのか?どれだけ食べたのか?
ただカプセルが噛んで中身が出ているのが1個あったのでそれは口には多少なりとも入っていると思う
小枝は結構何でも食べてしまう子でそれも叱られるから急いで食べてしまう・・・

「何してんのよぉおおお!」と叫ぶ私を尻目に「大丈夫や 胃腸薬ばっかりや」
とへらへらしているじぃじ・・・きれた!!本当にきれた!!

薬は確かに胃腸薬が2種類とビタミン剤・・・心配な血液の流れを良くする薬と
最悪なのは筋肉の緊張をほぐす筋弛緩剤があったんです!
筋弛緩剤って犬を殺した事件があったじゃないか・・・
急いで動物病院に電話するがつながらない 小枝は小さいから少しの量でも心配です

8時半にやっと幸太の病院に電話がつながったのですが今元気なら大丈夫だけど
心配なら来て下さいということでした
10時ごろに何とか仕事から早退してきた娘と交代して出社
娘が心配なので近所の病院へせめても心音や血液検査などを・・・と駆けつけた

病院は時期的に狂犬病の予防注射でおおわらわでした 
事情を話すと受付に先生が出てきて大丈夫ですよ的なこと言って診察室にも入れてもらえなかったらしい
ここの先生にはいつも 「そんなに神経質にならなくても それぐらいで来なくても」 みたいに扱われる
幸太の病院は遠いのでわんにゃんに負担になるのでついここへ来てしまう
夕方になって心配なら幸太の病院へ行こうと帰ってきたらしい

幸い 小枝もしーちゃんも変わりないので 大丈夫だと思います

e0071819_8371183.jpg

何かあったときにいつも悩むのは病院です、2つの病院は全く違う種類の病院だからです
同じ距離に2軒があれば幸太の病院にいつも行くのですが・・・
命や病気に対する姿勢がちがうんでしょうね

それよりも、だいたい 処方された薬を飲まないのなら捨てればいいのに
部屋にいっぱい昔々の薬までもおいてあるじぃじは悪びれた様子もなく・・・・・

4月5日で93歳になったじぃじは本当に年老いて後ろ姿や横顔をみると「あぁ・・・」と心が痛みます 
ちょっと押せば転んでしまうくらい弱々しくなってしまったのですが
ますます口が達者で疑り深く、でしゃばりで不用意なもの言いに私たちは神経を逆なでされる日々です
悪い人ではないしどちらかというと良い人なのだけれど
じぃじと暮らせる人はそういないと常日頃から思うのです・・・・でも私の父親ですから

何事もなかって本当によかった!
老人とわんにゃんと暮らしているのだから
どちらにも私たちがもっと気をつけなくちゃいけないのダ!!

e0071819_8362395.jpg

といっても相手はがんこな老人で言っても聞かない
人が相手だけに強制的にもできない・・・困ったもんダ
実生活はあの歌のようにはいかないものです
[PR]

by masakondamam | 2010-04-14 13:41 | 雑記 | Comments(6)

じゅん・・・・

庭のしだれ桜が葉桜になって、代わりに吉野桜が満開になりました

e0071819_2195826.jpg


e0071819_21104959.jpg

暖かくなってきてお店の冷蔵庫が手狭になってきたので
わんにゃん専用の小さな冷蔵庫を持っていこうと
家の冷蔵庫を整理してわんにゃん専用の冷蔵庫の中のものを移動しました

長い間整理していなかった冷蔵庫からじゅん君の薬の袋がいっぱい・・・・
点滴のカテーテルや消毒綿や・・・・・

e0071819_21151127.jpg

思わず出てきたたくさんのものに 久しぶりに泣けて泣けて・・・・

最後の箱の中から1つも使うことがなかったフィラリアの薬と
何年もさし続けていた白内障の目薬が・・・・

e0071819_21213967.jpg

あの時に捨てれなくてこの冷蔵庫に仕舞い込んでいたのかもしれません
この事はブログにだけ残しておこうと思ったのですが やっぱり
じゅん君のものは何一つ捨てれなくてまたしまい込んでしまいました(笑)

e0071819_2122967.jpg


なつかしい なつかしい じゅん君の思い出
[PR]

by masakondamam | 2010-04-07 21:22 | わんこ&にゃんこ | Comments(6)