<   2010年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ぜんざい♪

毎年 会社で鏡開きの後でぜんざいを作っています
鏡開きはしたものの仕事が忙しくてぜんざいがつくれませんでした
やっと昨日つくりました
昔は小豆を炊くときに2度ほど煮こぼしをしたのに
このごろの小豆はアクがあまりでません・・・・なんで??
安物の小豆やからかなぁ~(汗)

でもおいしくできました
おじさん達はお酒も飲むけど甘い物も食べます
(典型的な贅肉がついてベルトの上に腹が乗っている感じ・・・・)
e0071819_1643814.jpg

お菓子をいただく機会が多い会社では頂き物は私が管理しています
蓋を開けておいておくと次の日には箱ごともぬけの空・・・・
お菓子食いが多い会社ですワ(それもおじさん・・・いややなぁ)

歳をとったら油ギッシュでなくなってほしいものです
外人(俳優)は歳をとってもダンディやのに

もちろん同じくおばさん(私を含め)もあまり怠惰に太らないようにせねば(アセアセ)
痩せてるよりも少しぽっちゃりの方がいいかとは思うんですが・・・・

話は戻りますが
ほうれん草も湯がいてもお湯が濃い緑色になりません
そのまま食べれそうなひ弱なほうれん草が多いです
にんじんもピーマンも本来の匂いが薄くなっているような気がします
食べやすく改良されているんでしょうね
酸っぱいみかんやりんごも無くなってきてるしね

人はアクの強いへんな奴が増えてきてますけどねぇ
[PR]

by masakondamam | 2010-01-22 15:56 | 雑記

寒いぃぃ~

今日は寒いぃ~
会社はもっと寒いしなんとこの時代に水がでません
屋上に給水タンクがあってどこかが凍ってるらしく・・・・出ません
早い者勝ちでトイレに行きました(汗)

e0071819_12495513.jpg

後の人は外に(コンビニとか市役所とか?)行ってもらいます
ポットのお湯も足りません・・・・なんちゅうこっちゃ~
(家もお店も全然大丈夫でした)

e0071819_1247145.jpg

毎年この時期PCのマウスを持つ手が凍えます
今年はこんな物を購入しました
USBから電源をとるあったかマウスパットです
手の甲が触れる部分に熱線が入っていてあったかいのです
目立つ温風器などは会社から文句を言われるのでこれなら
でもみんな手をいれさせてあげたのでバレていますけどね
熱線のはいった手袋もあったのですが高かったし売り切れ状態です
もう少し大きくてパット内が広いともっといいですけどね

e0071819_12461660.jpg

わんにゃんもベッタリとヒーターにくっついています
[PR]

by masakondamam | 2010-01-15 12:28 | 雑記

手紙 親愛なる子供たちへ

手紙 親愛なる子供たちへ/歌詞(歌:樋口了一)
原作詞:不詳/訳詞:角 智織/補足詞:樋口了一/作曲:樋口了一/ストリングス・アレンジ:本田優一郎


年老いた私が ある日 今までの私と違っていたとしても

どうかそのままの私のことを理解して欲しい

私が服の上に食べ物をこぼしても 靴ひもを結び忘れても

あなたに色んなことを教えたように見守って欲しい

あなたと話をする時 同じ話を何度も何度も繰り返しても

その結末をどうかさえぎらずにうなずいて欲しい

あなたにせがまれて繰り返し読んだ絵本の暖かな結末は

いつも同じでも 私の心を平和にしてくれた

悲しい事ではないんだ 消え去っていくように見える 私の心へと

励ましのまなざしを向けて欲しい

楽しいひと時に 私が思わず下着を濡らしてしまったり

お風呂に入るのをいやがるときには思い出して欲しい

あなたを追い回し 何度も着替えさせたり 様々な理由をつけて

いやがるあなたとお風呂に入った 懐かしい日のことを

悲しい事ではないんだ 旅立ちの前の準備をしている私に

祝福の祈りを捧げて欲しい

いずれ歯も弱り 飲み込む事さえ出来なくなるかも知れない

足も衰えて立ち上がることすら出来なくなったら

あなたが か弱い足で立ち上がろうと私に助けを求めたように

よろめく私に どうかあなたの手を握らせて欲しい

私の姿を見て悲しんだり 自分が無力だと思わないで欲しい

あなたを抱きしめる力がないのを知るのはつらいことだけど

私を理解して支えてくれる心だけ持って欲しい

きっとそれだけでそれだけで 私には勇気がわいてくるのです

あなたの人生の始まりに私がしっかり付き添ったように

私の人生の終わりに少しだけ付き添って欲しい

あなたが生まれてくれたことで私が受けた多くの喜びと

あなたに対する変わらぬ愛を持って笑顔で答えたい

私のこどもたちへ

愛するこどもたちへ

e0071819_21483297.jpg



母がこの歌詞を調べて送ってほしいといってきたのです
この歌詞を読んだとき涙が止まりませんでした
何度読み返しても涙があふれてきます
ですが母に歌詞を送るのを躊躇します・・母側が読む歌詞ではないし母は落ち込む人ですから

確かにその通りです 私たちは思い出さなくてはいけないんです大切に育ててくれたことを
ですが気持ちとは裏腹に日々の暮らしの中ではついついやさしさを忘れます
というか可愛くない相手があることですから そうもいきません

年老いた者は「なんで なんで優しくしてくれないの?」と寂しく落ち込んでいく
そして若い者はやさしく出来ない自分に自己嫌悪になり暗い顔になる・・・
e0071819_2151075.jpg
順繰りですから自分もいつか逆の立場になるのです

どうしたら こんな風にやさしい考え方ができるのでしょうか

私たちも決して平気ではなく心を痛めているのですが・・・
ただ どちらも深刻に悩み出すと心の病気になります(兄のように)
大切なことですが 心に留めて 時々思い出して悩まないようにしないといけない
とても心を締め付ける、切ないことですから

お互い文句を言いながら明るく・・・そんな風にいけるといいのですがね


追記:娘に言わすと「分かるけど重い」って・・・・改めて言うと確かに重い、けど大事なこと
    元気な私にもいつか必ずやってくる事

追記(その2) この歌詞を改めて知ってからここ3日間ほど心が締め付けられてしんどかった
         でも日々の生活はこれほどきれいな言葉で言い表せる事ばかりではないのが
現実ではないかと思います
         お互い 普通の人同士ですもんネ(Masakondamam復活!!)
[PR]

by masakondamam | 2010-01-11 21:23 | 雑記

今年も始まったぁ~

新年あけましておめでとうございます

昨年中は本当にありがとうございました
今年もよろしくお願いいたします

暮れのお休みをとてもとても楽しみにしていたのに・・・もう終わってしまいました
あれもこれもと思っていたのに結局たいしてできませんでした(涙)

今年は1.2.3.4.日と2人でギャラリーの展示「おばぁちゃん展」に追われていました

e0071819_224138.jpg

まだ展示途中の編み物のコーナーですが
編み物以外にジャンルの違う作品がたくさんあるので展示が難しいです
公民館の文化祭のようにならないように(文化祭がわるいという意味ではないです)
できるだけおしゃれに展示したいと思うのですがもはや私の感覚ではゼンゼンわかりません
娘の全面的な仕事になってしまい私は力仕事と雑務しかできません(汗汗)

5日は恒例の会社の安全祈願のお参りと新年会でした
早尾神社という会社の近くの神社で祝詞をあげてもらいます
(メチャメチャ寒かったです、でも お神酒がおいしかったぁ)

e0071819_22393531.jpg


e0071819_2240112.jpg

今年は総勢25名です(平均年齢53歳 23名男性)
倹約倹約でいろんな事を簡素化している会社ですがこのお参りだけはずっと変わりません

e0071819_2239664.jpg

新年会は3年ほど前から会社の3階でするようになりました
オードブルやツマミなどを注文して簡単に食事・飲み会をするのですが
毎年オードブルもお酒も残るようになり今年も大いに余ってしまいました(歳やねぇ)

また 明日からは平常通りの生活です(あ~あ)
[PR]

by masakondamam | 2010-01-05 22:28 | 雑記